中絶とは?リスクや病院の選び方など

中絶は、赤ちゃんをおろすことなのですが、実は中絶できる時期という物があります。
基本的に妊娠22週未満までの赤ちゃんに限っておろすことができます。
それ以上になると母体への影響であったり、倫理的な観点から母体保護法によって認められていないのです。
しかし、妊娠22週未満だったらいつでも良いと言うわけではありません。
中絶自体、非常にリスクを伴う行為となりますので、妊娠6週目から9週目あたりがベストだと言えます。
この時期より早いと子宮頚管が硬すぎてしまい手術の難易度が高くなってしまいますし、この時期よりも遅いと赤ちゃんが大きくなりあ過ぎて、母体にかかるリスクも増大してしまいます。
また、日本国内の法律上、12週以上の赤ちゃんの中絶手術をした際には、死産届けの提出も必要となるために、妊娠6週目から9週目が最適だと言われているのです。

もし、どうしても中絶手術をしなければいけない事になってしまったら、手術をするクリニックを真剣に選びましょう。
横浜のおとめクリニックのようなしっかりとした設備が整っているクリニックなら問題ありませんが、リーズナブルなだけで設備があまり整っていないような所で手術をすると、リスクが高くなりますので、しっかりと注意して選ぶようにしましょう。

http://otomeclinic.jp/treatment/abortion.html